応援歌集 

応援の際に良く歌われる応援歌です。


|ホームへ|上へ|1998年成績|1999年春|1999年秋|応援歌集|シルバースター|


京都大学学歌
作詞 水梨 彌久、作曲 下総 皖一(昭和15年制定)
  1. 九重(ここのえ)に 花ぞ匂(にお)える
    千年の 京(みやこ)にありて
    その土を 朝(あした)踏みしめ
    その空を 夕(ゆうべ)仰げば
    青雲はきわみ はるかに
    等の眼(まなこ)を迎え
    照る日は 光たださし
    我等の言葉に映(うつ)る

  2. 緑吹く 楠(くす)の葉風に
    時の鐘 つぎて響けば
    人の世に まことたつべく
    現身(うつせみ)に まことたつべく
    たまきわる 命をこめて
    礎(いしずえ)固く築かん
    伸びゆく 強き力の
    日出(いづ)る国の子我等

(試合の開始前、終了後のエール交換の際に歌われます。
まあ2番が歌われることはほとんどないですが。)


第一応援歌 新生の息吹
作詞 中川 裕朗、作曲 多田 武彦(昭和33年制定)
  1. 新生の息吹に充(み)ちて 息吹に充ちて
    躍動の若き腕(かいな)に 勝利分かたん
    守れ 守れ 守れ 母校の栄誉
    京都大学 京都大学

  2. 麗(うるわ)しき吉田の里に 吉田の里に
    幾星霜(いくせいそう)鍛えし力 ここに尽くさん
    示せ 示せ 示せ 母校の伝統
    京都大学 京都大学

  3. 光明(こうめい)の日輪(にちりん)の下(もと) 日輪の下
    高鳴るは 希望の凱歌(がいか) 自由の潮(うしお)
    たたえよ たたえよ たたえよ 不滅の光
    京都大学 京都大学

(1Qと3Qの最初のキックオフ直後と得点の入った時に歌われます。
試合中に歌われる回数は多ければ多いほど良いでしょう。)


|ホームへ|上へ|1998年成績|1999年春|1999年秋|応援歌集|シルバースター|

All Right Reserved, Copyright(c) hatorin 1998-1999